Inうずしお観潮船

兵庫県│ うず潮観光クルーズ「咸臨丸」<アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは!アゼスタです。

残暑は続いてますが、秋祭りの催しも各地で盛り上がっているようです。

神社の例大祭、さんまや肉、ビールのフェスなど。

アゼスタ社員は代々木公園の北海道フェスが気になっています。。

 

さて本題に。

今回ご紹介しますのは、兵庫県淡路島からうず潮クルーズ「咸臨丸」です。

 

元々の「咸臨丸」とは、江戸末期に幕府が所有していた船で、1860年勝海舟により

日本人で初めて太平洋横断しアメリカへ渡った蒸気帆船。

この船には福沢諭吉やジョン・万次郎も同行していたそうです。

 

その雄姿を復元し、レトロ感を出しつつも冷暖房完備、車椅子対応バリアフリースロープ、

手足が伸ばせる畳のお部屋、屋根のついたオープンデッキなど、勝海舟も目を丸くする

今風の設備を備えているのが、現在の「咸臨丸」なのですね。

 

鳴門海峡 うずしおクルーズ「咸臨丸」 兵庫県南あわじ市_R.JPG

 

9月から11月はうず潮の旬と呼ばれ、“秋の大潮”が体感出来るシーズンです。

年間でも最も海水温が高く海水が膨張しているため、潮位が高くなり

迫力のある大きなうずしおを出現させる条件が揃っているとのこと。
せっかく見るのならこの旬の時期に見たいですよね。

 

下船した後は港近くの“足湯うずのゆ”にも立ち寄ってみて下さい。

無料で5つの足湯が楽しめますよ。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

うず潮クルーズ「咸臨丸」
所在地 : 兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
TEL   :  0799-52-0054
営業時間: 9:00〜17:00 無休
運賃  : 大人2000円 子ども1000円 幼児大人1名につき1名無料

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

Inうずしお観潮船

徳島県 │ うずしお観潮船 アクアエディ<アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。アゼスタです。

蒸し暑い日が続きますね。暑さでなかなか寝付けない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

寝苦しい夜は、布団に入る1時間ほど前にお風呂につかり体温をあげておくと寝つきが良くなるそうです。

体温が下がってくると眠気を催す体の仕組みを利用したものですね。

ぜひお試しください。

 

さて今日は、鳴門のうず潮観潮船「アクアエディ」をご紹介致します。

 

正式名称、小型水中観測船「アクアエディ」。

世界三大潮流のひとつである鳴門海峡のうず潮を、間近に見られる小型高速船として毎日運航しています。

 

 

アクアエディー 徳島県鳴門市_R.JPG

 

水中観測船、その名前の通り水面下1mの展望室からは、海中のうず潮の様子が観察できます。

水中から見るうず潮は事前には竜巻のような形と聞いてましたが、

実際には大きな大きな竜巻をどアップで見ている感じ、右から左へ泡がどんどん流れていくという

感じでしょうか。

 

デッキからも、迫力あるうず潮が眺められます。

かなり近くまで船を寄せる為、揺れと音がすさまじくまさに天然アトラクション、

加えて高速船のスピードも楽しめる為、一隻(石)三鳥、お得と感じるほどおすすめです。

 

事前予約制で、干潮、満潮あたりの時間帯から埋まっていくそうです。

早めの予約と潮見表のチェックを忘れずにお出かけ下さい。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

出発地:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264-1

          (徳島県鳴門市鳴門公園亀浦観光港)

TEL:088-687-0101

定員 :46名

所用時間 :約25分

便  :1日15便

※事前予約制

 

アクセス:鳴門駅から車15分

     鳴門北ICから車4分

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 

 

1