InJR東海

東京―新大阪│東海道新幹線こだま<アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは。アゼスタです。
奄美、沖縄の梅雨入りが発表されましたね。
昨年より6日早いそうです。
本州の梅雨入りまではあと3週間ほどでしょうか。
さわやかな五月晴れの日が1日でも多くありますように。

 

さて、今回は「東海道新幹線こだま」のご紹介です。

 

皆さんもよくご存知の路線。
帰省や観光、添乗などにもよく利用されているでしょう。
ちょっとだけその歴史を調べてみました。

 

東海道新幹線こだま?_R.JPG

 

東海道新幹線の開業は1964年10月1日。
10日に開幕する東京オリンピックに合わせた開業となりました。
当時はアジア初と東京でのオリンピックに向けて、首都高速や地下鉄、モノレール、
国立代々木競技場などが建設されました。
“オリンピック景気”または“東洋の奇跡”と称される頃です。

 

建設計画が承認され起工式を行ったのが1959年。
わずか5年で完成したかのように見えますが、実際には1939年頃から始まった「弾丸列車計画」の
下地があったことが工事短縮につながったとされています。

 

「弾丸列車計画」とは、満州事変や日中戦争の頃に物資輸送の激増に伴い東海道・山陽本線の輸送量も増大した為、
本線とは別に広軌の新路線を建築し、スピード、量とも輸送力を増強するというものでした。
この工事は太平洋戦争のさなかにも続けられ、戦況の悪化により中断となりましたが、
日本坂トンネルや新丹那トンネル、東山トンネルなどが作られており、後の新幹線に役立つことになりました。
関係者の間では、新しい幹線を敷設するということから「新幹線」という呼称を用いており、
ここで呼ばれていたことが起源であるとされているそうです。

 

鉄道に詳しい方には知ってて当たり前!のレベルですね(汗)
当時の映像や、映画、ドラマで見る新幹線開業のシーンはとても華やかですが、
そこに至るまでの背景には戦前まで遡り、「弾丸列車計画」中断の無念さや、戦後の“高度経済成長期”など、
関わった人たちの思いや苦労が浮かび上がってきますね。

 

東海道新幹線こだま_R.JPG

 

こうして世界初の高速鉄道としての新幹線がスタートし、50数年経ちました。
「こだま」は開業したその日から今もずっと活躍しています。

姿も格好良く進化しています。

「のぞみ」や「ひかり」に比べると地味になりがちですが、新幹線の各駅停車としては必要な存在。
いつまでも走り続けてほしいですね。

In-

羽田空港│東京空港交通リムジンバス<アゼスタ乗り物ブログ>

アゼスタです。こんにちは。
羽生結弦選手の祝賀パレードご覧になりましたか?
杜の都仙台に10万8000人!
その熱狂の様子を伝える一方でネットニュースには、
「これだけの人が集まったのにごみが少なかった」との記事が。
羽生ファン同士がごみ拾いして帰るようツイッターなどで呼びかけたそうです。
マナーの良いファン、ツイッターの効果。
こういったことが今後も定着していくといいですね。

 

さて、今週は東京空港交通の「リムジンバス」をご紹介します。

 

各空港毎にリムジンバスは活躍されていますが、
羽田空港または成田空港利用の東京近郊では
この白地にオレンジのラインに「Airport Limousine」のロゴ。
すっかりお馴染みです。首都高や環七、環八でもよく見かけます。
発着地の範囲は広く、都内各地の他、千葉県は木更津や大網、埼玉県は川越、
さらに群馬県高崎や栃木県宇都宮、茨城県は日立、水戸などから空港利用者を送迎しています。

 

京成リムジンバス 亀有−羽田空港_R.JPG

 

電車での乗り継ぎや荷物を考えると、バスだけで来られるというのは大きなメリットですね。
小さなお子様がいらっしゃる場合は尚の事です。
ビジネス利用の方も車内で一仕事出来ますね。(もちろんゆっくり睡眠も可です)
“全車両にGPS搭載、随時道路情報を収集、分析し渋滞を避けて迂回経路を無線で指示し、
定時制確保に努めている”そうです。

 

そしてもうひとつの活躍の場所が空港内の移動。
地方空港では少ないようですが、羽田空港ですとボーディングブリッジではなく、
バスゲートの場合が多くあります。
このゲートまでの移動もこの白地にオレンジのバスですね。

 

羽田空港内バス_R.JPG

 

羽田空港でバスに乗ることが多いのは、やはり発着便が多く
ボーディングブリッジが足りないからなのでしょうか。
やっと空港について、またバスに乗らないといけないのーと、ご不満の方も多いと思います。
私アゼスタ社員もたまに乗る飛行機で、バスゲートの場合は一気に疲れた気持ちになることも。
でも、青空の中、こんなに近くで飛行機が見られることもあります。

 

羽田空港 AirDo_R.JPG


遠く離れた端っこの方のボーディングブリッジから延々と歩くよりも、バス移動の方が早いことも。
また飛行機周りで働くプロたち、グランドハンドリングのお仕事が見えたりします。
飛行機を誘導するマーシャリングの方や、牽引する大型の車輌や、コンテナの大きさや。

 

国際線ではオリンピックを見据え、ボーディングブリッジを増やすべく
ターミナルビル増築工事が始まっています。
が、バス移動がなくなることはないだろうとも予測されているようです。
せっかくですので、バス移動になったら地上から見る空港をぜひ楽しんでくださいね。

InJR東日本

東京都―新潟県│上越新幹線 MAXとき<アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは。アゼスタです。
昨日は全国的に気温が上がり最高気温が25度以上の夏日が各地で観測されました。
が、まだ3月下旬なのですよね。
気温だけですと5月くらいの感じですが。
4月は来週から。いよいよ新年度が始まります。
新1年生、新社会人に負けず、大人も頑張りましょう!


さて今回は、上越新幹線「MAXとき」をご紹介します。

 

東京から新潟を結ぶ上越新幹線。
1982年の開業ですから、もう35年を超えるのですね。
私、アゼスタ社員が上越新幹線を認識したのは、
1991年からスタートした“JR SKISKI”のCMが最初だったと思います。
それまで、夜行バスで行くのが当たり前だった学生スキーが、新幹線で行く!
驚きました。そして、、、
ワンシーズンでそれは、常識へと定着したように思います。

 


上越新幹線とき?_R.JPG

E2系 とき

 

CMの背景には、越後湯沢駅に隣接してガーラ湯沢スキー場がオープンしたことにあります。
このスキー場へのお客の輸送の為に開業したのがガーラ湯沢駅になります。
冬季のスキーシーズンのみの臨時駅です。
駅舎がそのままスキーセンターになっていて、新幹線に乗る改札もゴンドラの発着場も
同じ建物の中にあり便利で時短で、首都圏からの日帰りスキーには本当に利用しやすいのです。

 

少し話がそれてしまいました(汗)

 

もうひとつ上越新幹線で話題を集めていたのが、2階建て新幹線が走っている、ということでした。
今回ご紹介する「MAXとき」です。

 

上越新幹線Maxとき_R.JPG

E4系 MAXとき


東京から新潟までを走る列車はE2系の「とき」と「MAX」と付く2階建て車両・E4系が使われています。
鼻先の長いちょっととぼけた顔だちですね。

2本連結した16両編成時の定員1,634名は、高速車両としては世界最大の定員数を誇り、
新幹線の通勤・通学輸送の混雑緩和に貢献してきました。


2階席からの眺めも良く、他の新幹線よりもゆったりと大きく感じます。
しかし残念ながら、昨年のJRの発表で「2階建て車両・E4系」は、
2021年3月までに廃止が決まりました。
今後は北陸新幹線で使われている「E7系」が使われるということで時速も今までよりも速くなるようです。

 

上越新幹線Maxとき?_R.JPG

 

2階建て新幹線が乗れるのはあと3年ほどです。
上越新幹線でお出かけの際は、ぜひMAXを選んでくださいね。

In-

高知県│とさでん交通路面電車<アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは。アゼスタです。
3月ももう半ば。卒業のシーズンですね。
お別れの儀式ではありますが、新しい世界への旅立ちの瞬間でもあり。
長く社会人をやっている大人には少しまぶしい光景に見えますね。


さて、今回は高知県から「とさでん交通路面電車」をご紹介します。

 

高知県高知市の街中を今も走る路面電車。
3つの日本一を誇っています。
開業は1904年、明治37年で、現在走る路面電車の中では日本一の歴史を持っています。
そして、軌道路線の全長が25.3kmと全長が日本一。
もうひとつ、清和学園前〜一条橋間が63mと電停間の距離として最も短いこと。
多くの人たちに支持され活躍してきたことが伺えますね。

 

普段走る車体は8つの形式があるそうです。
外国から来たクラシックでオシャレな車体もあるようですが、
今回は残念ながらお目にかかれず。
アゼスタ社員が乗った電車はポピュラー?な車体だったようです(笑)

 

高知路面電車?_R.JPG

 

路線は3つあり、はりまや橋と伊野を結ぶ「伊野線」。
はりまや橋と後免町を結ぶ「後免線」。そして高知駅前と桟橋通五丁目を結ぶ「桟橋線」です。
朝は通勤や通学で賑わいますが、昼間は観光客の利用が多いようです。
1日乗車券を買うと乗り放題で市内の観光スポットを巡るにはとても便利です。
昼間は7分間隔で運行しているので、時間のロスもなくて良いですね。

 

お薦めの観光スポットは、まずすべての路線の終起点となっている“はりまや橋”。
♪土佐の高知のはりまや橋で,坊さんかんざし買うを見た♪
よさこい節の1節です。
すぐそばの公園には、ペギー葉山さんが歌い大ヒットした“南国土佐を後にして”の歌碑が建てられています。

 

高知路面電車?_R.JPG


はりまや橋から3つ目の高知城前電停で降りて徒歩5分。
日本百名城のひとつ、“高知城”。
内助の功で知られる土佐24万石の大名となった山内一豊が創建した古城です。
築城400年を超える堂々とした佇まいと、天守閣から眺める高知の街並みは一見の価値あり、です。

 

他にも上町一丁目停留場から“高知市立龍馬の生まれたまち記念館”や
朝倉神社前停留場からは国の重要文化財に指定されている“朝倉神社”。
お腹がすいたら屋台村が集まる“ひろめ市場”へ。大橋通電停から徒歩1分です。


山内一豊や坂本龍馬をはじめとする維新に活躍した志士を多く輩出し、
歴史好きにはたまらない見どころ満載の高知。
歴史ある路面電車でゆっくりと探索するのはいかがでしょうか。

 

In-

東京都│ランボルギーニ・ガヤルド<アゼスタ乗り物ブログ>

アゼスタです。こんにちは。
立春が過ぎてもまだまだ寒いですね。
各地で記録的な大雪がニュースになっています。
お出かけの際は怪我などのないようくれぐれもお気を付け下さい。

 

今回はちょっと珍しい車のご紹介をします。

 

スポーツカーファンにはお馴染みかもしれません。
先日、街中でみかけた車「ランボルギーニ・ガヤルド」。
イタリア出身の車です。

 

ランボルギーニ ガヤルド?_R.jpg

 

カッコいいですね!

 

車に詳しいわけではないので少し調べてみました。

 

このガヤルドは2003年から2013年までに、14,022台を生産し終了となっています。
ランボルギーニ史上最多台数を誇る数だそうです。

ランボルギーニ特有の跳ね上げ式のドアではなく
通常の横開きドアを採用した車種で、
日本のタワーパーキングへの入庫も可能なサイズとなっています。
スポーツカーの中では実用性も兼ねている方かもしれません。

 

ランボルギーニ ガヤルド?_R.jpg

 

写真のガヤルドはリヤのタイプから、発売時期では中期の車種ではないかと思われます。


発売されていた当時は、新車で約2,000万円。
有名人や一流スポーツ選手、有名俳優が乗っていたことが、人気の要因とされているようです。

 

一度で良いから乗ってみたいですね(笑)