InJR東海

JR東海 │ ドクターイエロー <アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。アゼスタです。
今日は東海道新幹線のドクターイエローについて書いていきます。

みなさんは車体が黄色からドクター・イエローと呼びますが、正式名称を知っていますか?

正解は「新幹線電気軌道総合試験車」です。

ドクター・イエローは普通の新幹線と違い、一般客などを乗せて走ることはほとんどありません。
でも、震災が起きたときに例外はあるそうです。
実際に阪神淡路大震災の時は、建設用の材料を運ぶために利用されたみたい。

走りながら、線路の歪みや架線の状況などを管理システムに送信するのが、ドクター・イエローの役割。
やはり新幹線が線路を通ると、車体の重さの関係で線路や架線に負担がかかってしまいます。
一回の走行の負担が少なくても、何度も走行することで大きな負担となり、
放置しておくと重大な事故につながりかねません。

そうならないためにドクター・イエローが10日前後に1日走行しているそうです。
一回の走行は2日間で行われるらしく、東京から博多で一日、帰りの博多から東京で一日かかるみたい。

マニアになると、ドクターイエローの走行をある程度予測しているそうです。
もしどうしてもドクターイエローを見たい場合は、マニアの方から情報をもらうといいでしょう。

ドクターイエロー
アゼスタ
InJR東日本

JR東日本 │ 宇都宮線 <アゼスタ乗り物ブログ>

みなさんこんにちは。アゼスタです。

上野東京ラインの開通で、呼び名が微妙になってしまいしたが今回は宇都宮線
について紹介します。

文字通り、宇都宮から上野までの区間を走る車両を宇都宮線と言っていました
が、昨今は宇都宮から上野を経由して東京までつながり、路線名も変わりました。

北行きと南行きで若干名前が変わり、また東海道本線へ直通運行するか否かでも
車内アナウンス等が変更されているので統一した名前を作って欲しいと内心
思っています。

ただし、宇都宮方面から東京駅近辺へ通勤されている方は、上野での乗り換えが
1回少なくなったので便利になったのは確実ですね。読者の方々の中にも、恩恵を
受けている方が少なからずおられるのではないでしょうか?

アゼスタの社員の中にも1名喜んでいた者がおりました。こうやって鉄道は少しずつ
便利になるのですね。

今回の写真です。
「E231系電車」
最高速度:120km/h

上野東京ライン
アゼスタ
InJR東日本

JR東日本 │ 京浜東北線 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
少しずつ暖かくなって来ましたね。

さて、今日は東京の人にはお馴染みの車両のご紹介です。
分かる人には簡単だと思いますが、そう「京浜東北線」です。京浜東北線という
名前の通り、神奈川県の横浜駅から東京駅を経由して埼玉県の大宮駅をつなぎます。

人口密集地域を縦断する路線なので、お世話になっている方も少なくないのでは
ないでしょうか?

この京浜東北線は非常に歴史が長く、前身となった「京浜線」はなんと1914年に
運行を開始しており、100年を超える歴史があります。最初は東京駅から高島駅
(横浜市西区、今はもう無い)までの開通でしたが、徐々に運行区間を伸ばし、
現在の横浜駅⇔大宮駅に落ち着いたのです。

普段乗っている電車にもそんな歴史があったと知ると、より親しみが湧くのでは
ないでしょうか?


今回の写真です。
「E233系 1000番台車両」
最高速度:95km/h

京浜東北線
アゼスタ
Inその他

空港 │ コンチネンタル航空 <アゼスタ乗り物ブログ>

今日もお疲れ様です。アゼスタです。
今回のアゼスタ乗り物ブログは、少し懐かしい写真をご紹介させていただきます。

今はなくなってしまったコンチネンタル航空からの一枚です。
よほどの航空マニアじゃないとご存知じゃないかと思いますが、コンチネンタル航空はユナイテッド航空に
2012年3月に統合されてしましったアメリカの航空会社です。

この写真は、私がPCの写真を整理している時に出てきた貴重なものです(笑)
意外と普通に暮らしていると気づきませんが、航空会社や鉄道会社というのは時代に
よって再編を繰り返しているものなのですね。

今は画像のコンチネンタルの部分がユナイテッドに変更され、ほんの少し見た目が変わってしまいました。
興味がある方はユナイテッド航空の最新機機体を検索してみても面白かもしれませんね!

ただ、会社が変わったと言っても、白いボディに青い尾翼(尾翼に地球をイメージしたモチーフが入って
いるのがポイントです!)は変わっていないのは、やはり歴史は引き継がれるといったところでしょうか?


アゼスタ
アゼスタ
InJR九州

JR九州 │ 883系 ソニック <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。

今日はJR九州の車両を紹介します。883系ソニックというこの車両、無難な外見の多いJR車両の
中にあって、かなり無骨なデザインをしています。

こよなくロボットを愛する私としては、この武骨なところがカッコイイ。どことなくガンダムっぽい
ところが素晴らしいです!東京をはじめ、関東近郊の車両は落ち着いたデザインがほとんどなので
ここまでエッジの効いた車両のインパクトは凄いです。

883系ソニックは東九州のアーバンライナーとして、都市間をつなぐ動脈として運行されています。
博多駅から柳ヶ浦・大分・佐伯駅までを鹿児島本線、日豊本線経由で特急としてつなぎます。

このソニックには白い車体もあり(白は855系)、そちらもいつか撮影してみたいものです。
異なったデザインが2両並んだ姿を一度見てみたいですが、一堂に会することはあるのかな?
詳しい方、教えて下さいね。


今回の写真です。
「883系 ソニック」
最高速度:130km/h

883系 ソニック
アゼスタ